滋賀県大津市の石山駅近くにある,2名の弁護士が所属する法律事務所【石山法律事務所】

  • 事務所案内
  • 取扱業務
  • 顧問契約
  • 料金

石山法律事務所の取扱業務

相続

相続

遺産分割・遺言書作成など
遺産相続の様々なお悩みを解決します!

遺産分割遺言書作成など,相続に関連する問題について,弁護士がアドバイス致します。
遺産分割調停などを起こす場合,あるいは,起こされた場合について,弁護士が代理人として対応することもできます。
また,遺留分を侵害された場合,遺留分減殺請求権の行使に関して,弁護士が代理人として対応することもできます。
死後のトラブルを未然に防止するために,弁護士が遺言の作成のお手伝いをすることもできます。

よくある相続のご相談例

親が亡くなって,兄弟と相続について話をしているが,まとまらない。どうすればよいか?

亡くなった父の通帳や預金証書を父の後妻が保管していて,自分たち子どもに見せてくれない。どうすればよいか?

兄弟の一人が「遺産の全部を自分にくれるという遺言書がある。」と言っているが,遺言書が書かれた時期は,親が認知症になっていたはずで,親が書いた遺言書とは思えない。争う方法はあるか?

将来,子どもたちが遺産争いをしないために遺言書を作っておきたいが,どうすればよいか?

親が多額の借金を残して亡くなってしまった。親の借金を負わないですむ方法はあるのか?

相続に関する解決事例のご紹介

解決事例1

Aさんの兄は,父親の生前から,その通帳や銀行印の管理をしていました。父親の死後,Aさんが父親名義の銀行口座の取引履歴を取り寄せたところ,父親が亡くなる数年前から,合計で数千万円以上の預金が引き出されていました。Aさんは,亡父の通帳を管理していた兄に説明を求めましたが,応じてくれなかったので,当事務所に依頼されました。当事務所の弁護士は,家庭裁判所に遺産分割調停を申し立て,父親の預金から引き出されている使途不明金を,父親の遺産に含めて具体的相続分を計算するべきである旨を強く主張した結果,数千万円もの使途不明金を考慮し,その分Aさんらの相続分を増やすという内容で,遺産分割調停を成立させることができました。

解決事例2

Bさんは,同居していた父親を亡くされました。Bさんには,これまで全く交流の無い,母親の違う妹が1人いることが分かっていました。父親には,現在Bさんたちが住んでいる自宅以外にめぼしい財産が無く,また,遺言書は作られていませんでした。自宅以外にお金になる財産が無く,このままでは,異母妹に遺産を分けるために,いま住んでいる自宅を売ってお金を作らなければならないのではないか,そう思ったBさんは,当事務所に相談に来られました。
当事務所の弁護士は,まずは,異母妹に対し,相続放棄をお願いする手紙を出し,放棄してもらえなければ遺産分割調停を申し立てるという進め方を提案したところ,Bさんが納得されたため,受任することにしました。そして,弁護士が,異母妹に対して手紙を出したところ,幸いにも異母妹が相続を放棄することを承諾し,実際に手続をしてくれました。その結果,Bさんは自宅を相続することができ,自宅に住み続けることができることになりました。

解決事例3

Cさんの弟が亡くなりました。弟には妻子はおらず,両親も既に他界していましたが,Cさんたちには,父親の違う兄がいることが判明しました。遺言書は無く,また,これまでに,異父兄と交流は全くありませんでした。そこで,当事務所の弁護士が受任し,異父兄を相手方として,遺産分割調停を申立てました。法定相続分を基準に,やや当方に有利な形で調停が成立しました。

解決事例4

Dさんには,数人の子どもがいますが,自分が死んだ時,ある特定の財産については,子の一人Eさんに取得させたいと考え,そのような内容の遺言を作りたいと当事務所に相談に来られました。相談の結果,公正証書遺言を作成することになり,受任しました。Dさんの意思を確認し,公証人役場と事前の折衝を重ね,後日,公証人役場で,Dさんの公正証書遺言が作成されました。

石山法律事務所への法律相談は電話でご予約下さい

一人で悩まずに相続 - を是非ご相談ください

石山法律事務所

〒520-0832滋賀県大津市粟津町4-9
ステーションプラザ2F
TEL|077-533-0210
FAX|077-533-0510
営業時間|平日9:00~19:00

※営業時間外でもご相談をお聞きできる場合があります。ご希望の方は,是非お問い合わせください。

石山法律事務所ブログ

取扱業務