滋賀県大津市の石山駅近くにある,2名の弁護士が所属する法律事務所【石山法律事務所】

  • 事務所案内
  • 取扱業務
  • 顧問契約
  • 料金

石山法律事務所の取扱業務

事件の当事者(?)

2014年1月7日

ニュースなどで,事件の発生等が報道されると,
身近で起きても不思議ではない事件であったとしても
ついつい対岸の火事として見てしまいがちです。

ところが,全国のニュースで報道されるほどの事件について,
私自身が当事者となるかも知れない事態になっています。
それは,冷凍食品から農薬が検出された事件です。

テレビニュースで該当の食品が映された際に,
「あれは,先日購入した冷凍ピザじゃないか?」
と思ったのです。
もっとも,ニュースを観たのが出先だったため,
帰宅した頃にはすっかりそのことを忘れてしまい,
チェックせずじまいでした。

先日,自宅にいる際にふと思い出して冷凍庫を開き,
冷凍ピザの袋を確認してみたところ,
どうやら今回の事件の舞台である工場で製造されたもののようでした
(回収を呼び掛けるHPとの照らし合わせまではできていません)。
本日時点の報道では,滋賀県内で4人が健康被害を訴えているとのことですので,
滋賀県内のスーパーで私が購入した冷凍ピザも,回収対象である可能性が高いといえます。

報道を知らなければ,事件の当事者かもしれないことを,
認識することもなかったでしょう。
マスコミ報道を100%信じてはいけないと自戒している私ですが,
どのような事が報道されているのかを知ることは大事であると
今回の報道で思った次第です。

もし,私が買った冷凍ピザが回収対象商品であることが確認できたら,
決して食べることなく,所定の手続を執りたいと思います。

   平成26年 1月 7日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

仕事始め

2014年1月6日

本日1月6日より,平成26年の業務を開始しました。

毎年恒例のことですが,仕事始めの日は,
大量の郵便物を捌かなければなりません。
自分たち宛ての年賀状,裁判所や相手方からの書面等,
年末年始休業期間中に配達を止めてもらっていた郵便物が
まとめて配達されるからです。

これは個人でも同じ事かと思いますが,
やり取りが年賀状だけになっている同業者や関係者も大勢いますので,
年賀状のチェックは,近況報告を読むという意味も兼ねていて,
手間のかかる作業ですが毎年楽しみにしております。

とはいえ,決してお正月気分でいるわけではありません。
今日は早速,所用があって裁判所に行きましたし,
依頼者等からの電話もたくさんかかってきました。
近日中にしなければならない事もたくさんあります。

街は,まだまだお正月の名残がありますが,
それとは無関係な仕事始めの一日でした。

   平成26年 1月 6日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

連休最終日

2014年1月5日

年末年始の休暇も,今日5日が最後となりました。
今回は曜日の並びの関係で9連休の方も多かったようです。
皆様,どのような年末年始を過ごされたのでしょうか。

私は,帰省した際に,いろんな友人と会いました。
違う職業の話を聞くのは,とても刺激になります。
また,自分や同級生は30歳台中盤であり,
健康についての話がそれなりの時間を占めるようになりました。

受けた刺激を仕事に生かし,また,健康に気を付けて,
明日からの仕事を頑張りたいと思います。

   平成26年 1月 5日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属する事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

有楽町の火事

2014年1月4日

昨日1月3日朝,有楽町駅近くで発生した火災は,
その発生場所が発生場所だったこともあって,
新幹線をはじめとするJR線の運行に大きな影響を与えました。

ちょうどUターンラッシュが始まろうとする日であり,
特に新幹線が止まったことは多くの人に影響を及ぼしました。
私も当日,関東から関西へ移動する予定があり,
予定が大きく狂った一人です。

乗る予定だった新幹線は2時間遅れで出発,
最終的に京都に着いたのは予定より2時間30分遅れでした。
とはいえ,Uターンラッシュとは逆方向だったためか,
その程度の遅れですみました。

京都駅に着くと階段の両端に人が座っていて,
ホームから改札階に下りると,紅葉シーズン真っ只中ですら
見たことがないほど大勢の人がいました。
改札口は,駅員さんに質問したり払い戻し手続きを求める人が溢れていました。
おそらく,東京方面に行こうとされた方は相当なご苦労をされたと推察します。

と,多くの人に大きな影響を与えた今回の火災。
もし,この火災について損害賠償をしなければならない場合,
どれほどの損害になるのだろうか・・・などと,
ついつい考えてしまいます。

火事の原因を解明し,
二度とこのようなことが起こらないようにして欲しいものです。

   平成26年 1月 4日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属する事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

駅伝を観て

2014年1月2日

元旦はニューイヤー駅伝が開催され,
今日・明日と箱根駅伝が開催中です。
最初から最後までではありませんが,
毎年,その一部分をテレビ観戦しています。

選手たちは苦しい練習を乗り越えて箱根駅伝の舞台に立ったはずですが,
それでも,本番の緊張や気候のせいなのか,
力が発揮できなかったり,体調不良・故障に陥ったりすることがあります。
個人競技であれば,棄権しても記録上は単なる個人の棄権ですが,
駅伝の場合,個人の棄権は同時にチームの棄権でもあります。

今日も故障により棄権せざるを得なかった選手がいました。
その大学は,シード権を失うことになり,
来年の出場のためには予選会を勝ち抜く必要があります。

優勝したりシード権を確保したりしたチームの喜びが取り上げられることが多いですが,
その裏で,様々な形で涙を飲むチームがあるという現実を見たとき,
勝負の世界の厳しさを感じます。

弁護士の仕事は,勝ち負けを単純に割り切れるケースは,実は多くないと思いますが,
それでも,気持ちとしては,依頼者のために勝負をかけなければいけない,
ということをあらためて認識させられた正月となりました。

新年の仕事は,気持ちを新たにして臨みたいと思います。

   平成26年 1月 2日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

平成26年もよろしくお願いいたします

2014年1月1日

みなさま

平成26(2014)年になりました。

今年は,地元滋賀のみなさまをはじめとする依頼者・相談者のために,
さらなる法的サービス提供に務めたいと思います。

この1年が,皆様にとって良い1年でありますように。
今年もよろしくお願いいたします。

   平成26年 元旦 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

本当に迷惑なメール

2013年12月23日

今年も残すところ1週間余りとなりました。

年末で誰もが気忙しい中,私の携帯電話はここ数日,フル稼働でした。
というのは,大量の迷惑メールが送信されてきたからです。
以前からも,迷惑メールの受信はありましたが,
最近のメールの量の多さには驚かされるほどです。

その内容は,概ね以下のとおりです。

メール1:あなたには○○万円の多額の未払いサイト利用料がある。差押えをして,ご家族にも支払ってもらう。

メール2:使った覚えのないサイトからの請求が来ていませんか?放置して家を失った人もいます。すぐに返信を!

メール3:あなたの財産を差し押さえることが決まっています。当センターなら解決できます!至急の対応を!

メール4:まもなく差押えますよ。

メール5:警察ですが,△△さんからメールがいきましたよね?その方の指示に従って下さい。


上記メールの差出人の表示は違います(よく見ると同じアドレスから送られてきているのですが)。
すなわち,①業者,②③債務整理を行うというセンター,④業者,⑤警察から順次メールが来るというわけです。
ずいぶんと大がかりなものです。

ツッコミどころ満載なので,最初は笑っていたのですが,続々とメールが入ってきて,
2時間で100通近く受信するハメとなり,携帯電話の電池が無くなってしまいました。
充電した後,早速,受信拒否の設定をしましたが,えらい手間がかかりました。

上記メールに共通しているのは,「連絡下さい」としておきながら,
その住所も電話番号も正式名称も記載が無い,ということです。
記載があれば,電話の一つでもかけて,苦情を叩きつけたいところです。

それはともかく,身に覚えのない請求のメールに対応することはありません。
速やかにブロックしましょう。

   平成25年12月23日 弁護士 富塚 浩之

   ※私が所属する事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

健康診断を経て

2013年12月10日

弁護士の相馬です。

11月に弁護士会厚生委員会主催の健康診断を受け,
先週,結果が返ってきました。

この数ヶ月,徐々に体重が増え,
自分でも身体が丸みを帯びてきていたことを自覚していたので,
覚悟はしてましたが,
案の定,血液検査の結果は,昨年より悪くなってました。
肝臓に関する数値と,中性脂肪が・・・。

というわけで,昨日の委員会後の忘年会では,
早速,お酒のチェイサーでウーロン茶を頼むという対応策を実践してみました。
しかし,手が伸びるのはお酒ばかりで,ウーロン茶は完全に放置・・・。
慣れないことをするもんじゃないですね。
料理も,コースで出てくると,ついつい完食しちゃうし・・・。

これからも忘年会などが続きますが,あまり飲み過ぎることなく,
食べるのは,あっさり系やつまみ系を中心にして,
さらには駅から家まで25分の道のりを小走りで帰るようにしよう,
と固く誓っております。

※ 石山法律事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

師走へ

2013年11月30日

最近,寒さが厳しくなってきました。
気がつけば,11月も最終日。明日から12月です。

年末という言葉は,
その響きだけで忙しいという感じがしてきます。
弁護士の仕事においても,
「年内に解決してすっきり年明けを迎えたい」
という雰囲気になるせいか,
12月は普段にも増して事件の進行が早いような気がします。

一方で,年末年始は裁判所が休みになりますので,
裁判所が絡む手続の多くは
次の期日が来年になってしまう,
という時期に入っています。

2013年の残り1ヶ月,体調を崩すことなく元気に乗り切りたいと思います。

   平成25年11月30日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

第79回民事介入暴力対策和歌山大会に参加して

2013年11月14日

ここ数日,非常に寒くなりました。皆様,体調を崩されたりしていないでしょうか。

まだ暖かかった11月1日,
民事介入暴力対策大会(民暴大会)に参加するため,
和歌山県和歌山市に行ってきました。

午前中の協議会は,
「金融機関からの暴力団排除」
「暴力団被害からの回復」
という2つがテーマでした。

いずれのテーマについても,
非常に分かりやすいプレゼンテーションでした。
特に,「金融暴排」については,
直前にメガバンクの融資問題が話題となったこともあり,
奇しくも時宜に適ったテーマで,
参加者の関心も高かったことと思います。

午後の大会では,
オリンピック金メダリストの講演や,
暴力団事務所撤去訴訟の弁護団らによるパネルディスカッションが行われ,
こちらも協議会とはまた違った魅力のあるイベントとなりました。

このように,大変充実した一日を過ごすことができました。
同じく和歌山で開催された今年の近畿弁護士会連合会の夏期研修が
今回の民暴大会のプレ大会としての位置付けを持ち合わせており,
私は,夏期研修に少しだけ関わっただけではあるのですが
その時の集大成を見ることができて感慨深いものがありました。

今回の素晴らしい民暴大会で得たものを元にして,
さらに議論が充実し,暴排・反社排除が進んでいけばいいと思います。

   平成25年11月14日 弁護士 富塚 浩之

   ※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

20 / 22« 先頭...10...1819202122

石山法律事務所への法律相談は電話でご予約下さい