滋賀県大津市の石山駅近くにある,2名の弁護士が所属する法律事務所【石山法律事務所】

  • 事務所案内
  • 取扱業務
  • 顧問契約
  • 料金

石山法律事務所の取扱業務

インフルエンザ”警報”発令

2014年1月31日

先日,滋賀県でインフルエンザ注意報が発令されたという記事を投稿しました。

ところが,昨日30日,今度はインフルエンザ”警報”が発令されたとのことです。
確かに,ここ10日前後で,ご家族が高熱を発したという話を毎日のように耳にしました。
マスク姿の方も急増中,という印象です。

さらに,同じ30日,ノロウイルス食中毒注意報も発令されたとのことです。
ノロウイルスにまつわる食中毒の話は,全国各地であるようですが,
ついに滋賀県もか,という感じです。
昔は,食中毒といえば梅雨時や夏など,蒸し暑い時期が中心だと思っていましたが,
今や冬も食中毒に注意するために加熱した食材を食べなければならない時代なのですね。

インフルエンザであれ,ノロウイルスであれ,
うがい,手洗い,十分な睡眠,十分な食事,暖かくするなど,
自分でできる対策は,きっちりやっておきたいと思います。

   平成26年 1月31日 弁護士 富塚 浩之

私が所属する石山法律事務所のHPはこちら → パソコン用  携帯・スマホ用

 

携帯・スマートフォン版ホームページ

2014年1月30日

弁護士の相馬です。
久しぶりに記事を書きます。

当事務所の携帯・スマートフォン版のホームページを立ち上げました。
同ホームページはこちら

昨今は,特にスマートフォンでインターネットを利用する方が多いので,
スマートフォンや携帯電話でも見やすいものにしました。

パソコン版とあわせて,ご参照いただければ幸いです。

 

三角縁神獣鏡

2014年1月30日

日本史で出てきた「三角縁神獣鏡」の名前を久々に耳にしました。

3Dプリンターで三角縁神獣鏡のレプリカを作成し,
そのレプリカに太陽光を当てるといわゆる魔境現象が見られる,
とのことです。

最新の技術で,古代の技術のすごさが分かる,
というのは,何ともロマンのある話だと思います。

同時に,3Dプリンターでのレプリカ作成が容易になると,
もはや本物が何か,偽物が何か,という区別が無意味になって,
誰でも何でも持ててしまうのではないか,という不安も感じました。
もっとも,3Dプリンターは大変高額な機械のようですから,
簡単に入手できるようになるまでに時間はかかるのでしょうが。

最新の技術は,人々の便利さに貢献する一方で,
常に悪用されたり,悪用の危険にさらされたりしています。
職業柄か,あるいは私の性格ゆえにか,つい物事の裏側を考えてしまいますが,
簡単に触れることができない歴史上の宝物の謎が
3Dプリンター等の技術で次々に解明されていくことに期待しています。

   平成26年 1月30日 弁護士 富塚 浩之

 

冷凍食品農薬混入事件のその後

2014年1月29日

冷凍食品に農薬が混入していた事件で,製造工場の契約社員が逮捕され,
被疑者(容疑者)当初は否認していたものの,自白を始めたとの報道です。

報道の論調は,犯人が捕まって一安心という感じですが,
我々弁護士としては,捜査機関が流している情報を鵜呑みにするわけにはいきません。
事件によっては,マスコミは,警察情報を垂れ流しているようにしか思えないこともありますし,
何より,自白による冤罪は依然として無くなっていないという現実があるからです。

刑事事件については,その後の捜査機関・裁判所の対応を注視したいと思います。


また,被疑者が真犯人であるかどうかはともかく,
今回の事件では,多くの人に健康被害が出たようですし,
冷凍食品製造会社が被った損害は莫大なものでしょう。
工場の従業員の生活にも大きく影響しているでしょう。

真犯人が逮捕されたとしても,それが事件の被害回復に直結はしません。
誰が,どのような措置を執るのかは分かりませんが,
今回の事件による被害が,一日でも早く回復することを祈るばかりです。

   平成26年 1月29日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属する事務所のホームページはこちら → 石山法律事務所

 

インフルエンザ注意報発令

2014年1月23日

昨日1月22日,滋賀県は,県内全域にインフルエンザ注意報を発令したそうです。
この冬,私の直接の知人・友人でインフルエンザにかかった人はいませんが,
知人の知人というぐらいになると,何人かがかかっていると聞いています。

ここ数日は非常に寒く,ただでさえ体調を崩しやすいように思います。
日頃からのうがい・手洗いに加え,冷えないように注意して,
インフルエンザはもちろん,風邪も引かないように気を付けたいと思います。
私の事務所は広くありませんので,誰かが風邪等を引くと,
他の人にうつる危険が大きいのです。

体調管理の重要さと難しさをあらためて思い知らされたニュースでした。

  平成26年 1月23日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属する事務所のホームページはこちら → 石山法律事務所

 

オウム真理教事件の風化という現実

2014年1月21日

現在,オウム真理教が引き起こした一連の事件について,
東京地裁において刑事事件の裁判が行われています。
今日は,死刑が確定している教団の元幹部が出廷するので,
法廷では防弾パネルを設置するなどの対応が執られているそうです。

最近,成人の日を迎えたばかりですが,
あるニュースを見ていた時に,
「地下鉄サリン事件をはじめ,オウム真理教のことはよく分からない。
 そんなに重要な出来事だとは思わない」
とコメントしている若者を見つけました。
大変驚きました。

地下鉄サリン事件が起きた1995年(平成7)年は,今から19年前。
20歳前後の若者にとっては,物心つくまえの歴史なのでしょう。
しかし,同年に発生した阪神・淡路大震災と並び,
日本の歴史上決して忘れてはいけない重大な出来事です。
その他,拉致事件や弁護士殺害事件など,
教団が起こした事件は日本のみならず世界を震撼させるものでした。
このことを,親や学校は教えてこなかったのでしょうか。

まだ20年も経っていないのに,事件が風化しているのではないか,
そんな危機感を強く持っている今日この頃です。
今回の報道を機に,事件を知らない若い人たちが,
オウム事件について知ってくれたらと思います。
そして,私たちも伝えていかなければならないと思っています。

   平成26年 1月21日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

特殊詐欺の被害が過去最高

2014年1月16日

滋賀県警によると,
昨年,滋賀県で起きた特殊詐欺(架空請求や還付金詐欺など)について,
その被害額が約5.4億円に達し,過去最高だった,とのことです。

最近は,「振り込め詐欺」という名称がそれなりに定着したせいか,
振り込ませるのではなく,現金をレターパックで送らせる,
という手法も増えているようです。

手口が巧妙になってきているので,
防止する手段も様々なことが考えられますが,
少なくともレターパックで現金を送らせるような個人・業者については,
詐欺の可能性が高いと疑ってかかるべきでしょう。
そもそも,レターパックでの現金の送付は違法とされています。

少しでも怪しいと思ったら,お近くの弁護士にご相談下さい。
とりあえず相談して話をしているうちに,
だんだん落ち着いてきて「おかしいな」と気付くことがあります。
また,慌ててレターパックで送金してしまって,それから相談というのでは,
送ってしまった現金を取り返すのは現実的には極めて難しいでしょう。
弁護士への相談はお早めに。

   平成26年 1月16日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

滋賀弁護士会新会長決定の報道

2014年1月15日

本日のNHKニュース(大津放送局のニュース)で,
滋賀弁護士会の新しい会長が決まったと報道されていました。

弁護士は,必ず弁護士会に加入しなければなりません。
私の場合は,滋賀県大津市で業務を行っていますので,
滋賀弁護士会に所属をしているのです。

弁護士会には,会長,副会長等の役職があります。
当事務所の相馬弁護士は,現在(平成25年度)の副会長です。
会長・副会長の任期は1年間です。
本日の新会長決定のニュースは,次期弁護士会長,
すなわち平成26年4月1日からの平成26年度の会長が決まったという内容です。

私が弁護士になった平成19年9月頃,滋賀弁護士会の会員数は80人前後でしたが,
それから約6年が経った現在では140人前後と大幅に増えています。
会員が増えれば,弁護士会としての業務も,その長たる会長としての仕事も,当然増えてきます。

新会長には,4月からの1年間,県民のために,弁護士会のために,頑張って欲しいと思います。

   平成26年 1月15日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

成人の日

2014年1月14日

昨日1月13日は成人の日でした。
各地の成人式の様子が報道されていました。

「成人になったら酒が飲める」ということで,
早速お酒を飲んで運転し,ひき逃げ事故を起こして逮捕された,
そういう成人が今年もいたようです。残念ながら。

お酒やタバコの例はともかく,
成人になるとできることとして,

①法律行為を法定代理人の同意なく行うことができる
(ただし,未成年者単独でできるという例外もあり)
②選挙権の行使
(ただし,被選挙権は別)

などが挙げられます。

民主主義の根幹をなす選挙,
その選挙で投票できる権利は当然のことながら重要ですが,
日常的には,法律行為について法定代理人の同意が不要になる,
ということが大きいと思います。
これまでは「未成年で,親の同意を得ていなかったから」
と言って取り消し可能だったことが,成年に達するとできなくなります。

もっとも,特に消費者法においては,
消費者救済のための制度が用意されています。
成人されたばかりであっても,
「何かおかしい」
という話に巻き込まれたら,
迷わずに弁護士に相談された方がいいでしょう。

何かと暗いニュースが多い今日この頃ですが,
新成人の皆さんの前途が明るいものでありますように。

   平成26年 1月14日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属する事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

まだ続いている台風18号の影響

2014年1月11日

昨秋,台風18号が滋賀県内に多大な被害をもたらしました。
最近の報道で,台風18号によって
琵琶湖の湖岸に大量に漂着した流木について,
彦根市が市民に無料配布することで処理コスト削減を目指す,
というものがありました。

同じく台風18号によって
川にかかる鉄橋が流されてしまい
ようやく復旧の予算の目途がたった信楽高原鉄道も,
現時点では不通のままで,復旧工事完成はしばらく先です。

積雪を心配する季節になりましたが,
秋の台風はまだまだ県民・市民の生活に影響を及ぼしそうです。

   平成26年 1月11日 弁護士 富塚 浩之

※私が所属している事務所のHPはこちら → 石山法律事務所

 

1 / 212

石山法律事務所への法律相談は電話でご予約下さい

一人で悩まずに2014  1月 - を是非ご相談ください

石山法律事務所

〒520-0832滋賀県大津市粟津町4-9
ステーションプラザ2F
TEL|077-533-0210
FAX|077-533-0510
営業時間|平日9:00~19:00

※営業時間外でもご相談をお聞きできる場合があります。ご希望の方は,是非お問い合わせください。

石山法律事務所ブログ

取扱業務